タイミングで妊娠 | 不妊治療で授かる【不妊ばいばい赤ちゃんいらっしゃーい】

タイミングで妊娠

結婚したら子供はすぐ授かることができると安心している人もいますが、現代は不妊に悩む女性が多く、出産を経験できてない人がいるのです。不妊の検査は主に医療施設にいって治療することができますが、治療費用が高いこともあり医療施設での治療は最後の手段として行なう人もいます。それでは、その間どのようにして不妊を治療するのかというと、排卵検査薬といのを使って妊娠しやすい時期をはかるのです。

排卵検査薬の見た目は、市販で売られている妊娠検査薬と同じような作りになっています。排卵検査薬に尿をかけて黄体ホルモンがあるのか確認します。黄体ホルモンの量で排卵日のタイミングを予想することができます。ただし、明確な排卵日がわかるわけではないので目安として使用します。排卵検査薬では確実に排卵しているのか確認することはできないので、確実に知りたい時は病院で検査をうけるようにしましょう。

排卵検査薬の使用方法は、排卵日だと思われる日前後10日を継続的に検査しなければいけません。継続的に使用すると大体の排卵日を知ることができます。検査キットも尿を十分にかけ、1分程度置きます。検査キットの種類によって時間は違うので注意書きは確認して行うようにします。妊娠検査薬はマークで判断することができますが、排卵検査薬は色の濃さで判断するので分かりにくいこともあります。反応がでたとわかったら、その日から36時間以内が妊娠しやすい期間です。検査キットは国内メーカーのものから、海外メーカーの検査キットもあるので使いやすい検査キットを使用しましょう。